<<次の記事 前の記事>>

もう【しばらく】【お節友の会】 【2018】を紹介させてくださいね。今日は【ランキング】はがきより。



 お気に入りのメニュー

 第1位 田作り

 第2位 黒豆

 第3位 松風焼き

 motorsports それぞれ彩りも味のバランスも良く とても美味しかったです。特にかまぼこの飾りは芸が細かく とても感心しました。


| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 06:17 AM | comments (0) | trackback (0) |

【お節友の会】 今日は【壱の重】 【田作り】を紹介します。



   ★田作り                            担当:入江さん

 田作りは別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、片口イワシの稚魚を干したものを醤油風味の飴炊にしたもので、田畑の高級肥料として片口イワシが使われていた(イワシを肥料とすると米が豊作となった)事から豊作を願って食べられました。
 おめでとうございます。今年の第一位にランクイン。地味な田作りですが,創作意欲をふんだんに発揮して素晴らしい一品に仕上げていただきました。



   頑張ってお手伝いです。ありがとう。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 05:52 AM | comments (0) | trackback (0) |

【お節友の会】 【今日】は【壱の重】 【数の子】を紹介します。


 
          ★数の子          担当:林さん

【栄養】味付けカズノコはそのまま、塩カズノコは塩抜きをして食しましょう。カツオ節をかけて醤油味が定番。これまでコレステロールだらけだと思われていたイクラや数の子に、実は青魚に多く含まれているDHAやEPA、さらに亜鉛が多く含まれている。亜鉛が不足すると、皮膚障害や免疫力の低下、精力減退といった症状を引き起こすことがあるので、適度に摂取することが望ましい。

【ニシンの子なのにどうして数の子なの?】
数の子の語源を語る前にちょっと親魚のニシンの語源について。ニシンの語源には色々な説がある。西の海の魚、日本海沿岸でとれるのでこう読んだという説。西の海は、東北地方の訛りで「ニシンウミ」となり、それがニシンとなったというもの。他には妊娠魚がニシンとなったという説という人もいるとか。アイヌ語でニシンを「ヌーシィ」(漁獲多キ、あるいは魚ノ群集スル)といったので、ヌーシィがニシンになったという学者さんもいるそう。ニシンのことを頭が角張ったイワシと見立てて、「カドイワシ」と呼んだといわれれるが、その「カドの子」が、いつのまにかカズノコになったと言う話もあります。最近はこの説が有力のようです。もっとも、古い和名の「カド」はアイヌ語であると言う学者もいるから、さて、その真相はいかがなものでしょうか?



【おせち料理に欠かせない由来】 ● 数の子にはとてもたくさんの卵があるので、数多い子、つまりわが家がこれからも子どもがたくさん生まれて代々さかえますように、という意味から。
● ニシンに「二親」の字をあて、親も元気で「子宝に恵まれる」という縁起物として。また、現在は高価な「数の子」も、昔は庶民的な食品だった。
● 魚の卵の加工食品といえば、イクラ、タラコ、メンタイコ等がありますが、カズノコは縁起物として新年の門出におめでたく子孫繁栄を願う風習が長い間続いている
 ネットで調べた数の子に関するうんちくでした・・・!(^^)!!(^^)! 3年前のお品書きからいただきました。
今回は 昨年に続いて北条の林さんが担当して下さいました。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 05:50 AM | comments (0) | trackback (0) |

【お節友の会】 続いて【壱の重】 【黒豆】を紹介します。



 今年大人気の黒豆 その秘密(?)を紹介します。

☆黒豆                             担当:木下さん 

黒豆のコツは、常にたっぷりの煮汁がかぶった状態で煮ることです。そうすることで、芯まで味がしみ込み、しかも表面は黒艶で艶やかに仕上がります。一年をまめに(元気で)暮らせるようにとの願いが込められています。しわが寄るまで無病息災にという願も掛けられています。たかが黒豆、されど黒豆です。今回の黒豆はカイジのおばあちゃんがが栽培された黒豆です。25日に収穫してさっそく使います。皆様の黒豆 総量は1升近く・・これをしっかり煮込んでの一品です。表面にきらきら光るものがあるでしょ? 金粉です。プチ贅沢してみました。味には何の関係もないのですけど・・これも美意識!!



| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 04:11 AM | comments (0) | trackback (0) |

【お節友の会】 【壱の重】 まずは【海老】の【旨煮】を紹介します。



 担当:入江さん でも実際は網干や(酒井)さんが準備してくださいました。ありがとうございます。
                                   
定番になったエビ。茹でると赤く体を染め、祝いのお重の中心に鎮座します。高齢化社会にふさわしい長寿のシンボルとして、お祝い事の主役を務めさせていただきます。数年前までは伊勢エビを使って お節の中央にどぉんとおいていました。今年も何とか仕入れたいと思っていましたがなかなかうまくいかず4匹のエビで勘弁してください。海老の髭のように、また腰が曲がるほど長生きしてお節友の会を続けていきましょう。こんな願いを込めています。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 04:54 AM | comments (0) | trackback (0) |

【第22回】【お節友の会】へ 【ようこそ】 【お品書き】です。

2018年 第22回 お節友の会へようこそ。

 

 あっという間に1年が過ぎましたね。昨年このお節友の会をご一緒したかと思えば もう一年たってしまったのでしょうかと驚くばかりです。NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」でもお節料理にめい子が取り組んでいますね。おっとこれは3年前の放送で、今はBSで再放送をしているところです。それぞれの料理に願いがあって それを一年の初めてに味わいながら家族団らんの時を過ごす・・・素敵な日本の伝統文化です。まったくその通りだと思います。ずいぶん歳をとったもので、だんだん昔ながらの味や伝統に心がなびくようになりました。今までイベントとしてとらえてきたお節友の会ですが、自分自身の家族を含めての平穏な日々を願う気持ちが強くなってきて それを料理に込めて一年のはじめを迎えるって気持ちになっているようです。

 ここまでは昨年のお品書きに書いた通りです。違っているのはテレビ小説が「花子とアン」そして「わろてんか」になっていることくらいでしょうか。



昨年のランキングでは 田づくりがダントツの1位を2年連続でした。続いて2ポイント差で松風焼き ローストビーフと続き 初参加のマグロの昆布まきが3位でした。例年上位をしめる大物が選ばれる傾向から、単純なものでも創意工夫を凝らしたちょっとした仕事のしてあるものが選ばれるようです。それだけ皆さんの舌が肥えてきたってことでしょうか。
 昨年は生産性の話を少し載せましたが 今年は「美意識」と「AI」について。スマホに代表されるように世の中コンピュータのビッグデータを使った情報機器がどんどん生活の中に入り込んできています。お隣の島根県の邑南町では車の自動運転の実証実験が始まったとか。いずれ倉吉もそんなときが来ます。東京の大手銀行では数万人の単位で人員整理とAI導入が進んでいるそうです。さてそうした世の中でたくましく生きていくには AIが太刀打ちできない「美意識と観察眼」を鍛えることです。これは日本人特有の繊細な感覚を磨くということが大前提です。おせち料理はその繊細な感覚の一つ 味覚を磨くということなのです。美しくておいしいモノには神が宿るってこと、科学的に調理されたもの 手順によって仕上げられたもの もちろんそれなりに美味しいですが、見た目の美しさ 細部にこだわる美意識って あらゆることの判断の基本になります。詳しくはまたの機会に譲ります。


| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 02:34 PM | comments (0) | trackback (0) |

こんな【時期】もあったねぇ。今は【大学3年生】・・ずいぶん【大きく】【成長】しました。



家族で花回廊に遊びに行った時のスナップです。一番下の子が4歳かなぁ・・・この頃から回りの子より頭一つ抜け出していて 保育園では彼の後にぞろぞろ友達がついて回っていた記憶が残っています。3歳の時にはドイツに遊びに行って毎日歩き回って靴下の指の先に穴が開くほどの行程。自転車も早くからコマ無しに乗って 東郷池一周も一人で完走した子です。性格もやさしく 身長186cm とってもお買い得な子に成長したなぁというのが両親の感想。

| プライベート::家族 | 11:26 AM | comments (0) | trackback (0) |

【お節友の会】【感想】を【紹介】しています。 【第1位】は【松風焼き】!



  第1位 松風焼き

  第2位 伊達巻

  第3位 錦たまご

 happy02 みなさん こだわり手の込んだメニューばかりで ベスト3を選ぶのに大変迷いました。デザートの梅花かん 梅酒かんは主役にもせまる一品で大変気に入りました。長いも昆布巻は欲張って大き目のものを選んで失敗 切り分けるのに昆布が崩れてしまってちょっぴり残念でした。
 来年は一人で挑戦してみます。

 はしるひと 田作り毎年おいしいですね。錦たまご 上品な甘さ すっきり梅花かん きんかん 美味しかったです。煮しめの色はきれいで味はしっかり 今年も美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

 この感想はがきをまとめる時が 一番 やり切ったなぁと言う実感がじわじわ湧いてくる瞬間です。みなさんのご家庭で笑いの輪が広がっているだろうなと想像するだけでうれしくなります。来年は23回目 どんな料理が誕生するのか 楽しみです。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 06:18 AM | comments (0) | trackback (0) |

【お節友の会】 またまた【伊達巻】 【1位】 おめでとうございます。



 3枚目のはがきは 以下のランキングを

 1位 伊達巻  アクシデントにもめげず 見事です。

 2位 黒豆 おばあちゃんの味がしました。

 3位 かまぼこ 見事な細工です。敢闘賞をあげたいです。素敵な孔雀形かまぼこでした。

 たらー 塾に来ている小童たちがお手伝いをしてくれましたが 手を動かすより口が・・・。まぁ それも役得ですけどね。

  

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 04:06 AM | comments (0) | trackback (0) |

【突然】の【アクシデント】にも【敢然】と立ち向かい 【苦労】の【伊達巻】 お疲れ様でした。



力作の伊達巻でした。担当はお二人を配置していたのですが 相棒が年末の多忙でダウン・・・一人で仕上げていただきました。本当に頑張られましたね。

 1位 伊達巻 例年以上に味が広がり とても美味しかったです。 アクシデントに見舞われながらも やり遂げられた上 味も形もパーフェクト!! 美味しかったです。

 2位 紅白なます ゆずの風味が良く利いていて 子どもたちの苦労もしっかり味わいました。

 3位 黒豆 一粒 ひと粒 ふっくらふくらんでお店の味のような美味しさです!

 おいわい毎年 甲乙つけがたい中 今年はさらに順位がつけがたいおいしさでした。上位5つの中から3つを選ぶのも大変でした。味付けだけでなく手間のかかり方 食べるだけでは分からない材料 上達の苦労など考えると 本当に毎年感謝の気持ちで一杯です。ごちそうさまでした。ちなみに次点はたたきごぼう 梅花かんでした。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 05:49 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3415)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 2.032569秒
  • HPアクセス情報
    合計: 1406835
    今日: 697
    昨日: 838