<<次の記事 前の記事>>

まったり温まります。



広葉樹の薪はなんといっても火持ちの良さが特徴です。特にクヌギやカシは密度が0.80 g/㎤前後と非常に高く、最高級の薪とされています。手に入りやすいナラやサクラも0.65 g/㎤前後で、十分な火持ちが期待できます。
しかしその分乾きにくいので、十分な乾燥期間が必要です。燃やした後の灰も多く残るので、処理方法に困らないよう、事前に調べておきましょう。
また、火がつきにくいので、焚き付けとして使用する場合は細かく割ること。太薪を投入する時も十分に火力が上がってからにしましょう。
購入する場合、価格は針葉樹と比べると高めです。

樹種云々よりも薪の乾燥がいかに大切ということは「薪の種類と薪に適した木」でご説明しました。ここでは、実際の乾燥方法についてご案内します。
薪の含水率(薪の中に含まれる水分量)は20%以下を目安としています。伐ったばかりの木の含水率は50%を超える場合があります。生の木は重量の半分が水なのです。そこから20%まで減らしていくためには、まず第一に風通し、第二に日光 が十分にある場所で、樹種に合った乾燥期間を設ける必要があります。
針葉樹なら3ヶ月から半年、広葉樹は1年以上が望ましいでしょう。
梅雨時など続く雨は乾燥を遅らせます。かといって、小屋で四方を囲ってしまうのも風通しを悪くしてしまうので良くありません。露天で保管する場合は、板やシートを薪の上にかけておくだけで、上からの雨が染み込むのを防げます。薪小屋を作って保管する場合は、通気性を考えて壁を塞がないなどの工夫が必要です。
乾燥が十分でないと、
1、火がつきにくい
2、温度が上がりにくく、暖かくならない
3、水分を含んだススが煙導内に付着し、煙突を詰まらせる原因となる
4、煙が大量に発生し、臭いの原因となる
などの不具合が起こり、いかに性能の良い薪ストーブも本領を発揮しないどころか、ご近所とのトラブルを引き起こしかねません。乾燥期間や条件は守ったつもりだけれど、本当に乾燥しているかどうか不安。
判断するもっともシンプルな方法は、薪を割ってみて、その断面が湿っていないかどうかを手で触ってみることです。しっとりとして水気を感じるようなら、まだ乾燥が不十分と言えるでしょう。
乾燥具合は表面をみただけではわかりません。内部までしっかりと乾燥していることが大切です。



| プライベート::薪ストーブ | 05:32 AM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3708)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.809341秒
  • HPアクセス情報
    合計: 2542245
    今日: 1058
    昨日: 1213