<<次の記事 前の記事>>

【点火】 【薪ストーブ】 【バーナー】でちゃっちゃっと。あっという間に【炎】が広がります。




薪ストーブに焼べた薪を着火するのは日々のストーブライフにおいてとても重要な作業のうちの一つです。薪ストーブ専用の着火剤なども販売されていますが、市販の着火剤は簡単に着火することはできますがお金がかかってしまうので、ここでは着火剤を使用しない安価で上手な着火方法を紹介します。

着火について1:上手な着火法
薪ストーブに焼べた薪を上手に着火させるには、給気調整口を全開にした上で、燃料になる薪を下から大、中、小の順に積み上げて、一番上には十分に乾燥させた割り箸や焚き付け用に小割した薪などを置いて下さい。

一番上の細い薪を多めに焼べて、マッチやライター、ガスバーナーなどで着火させます。薪が完全に着火したらドアを閉めますが、しばらくは完全に閉じないで、1cm程度のわずかな隙間を開けておきましょう。目安として、ストーブ本体の温度が上昇して炉内の耐火レンガやガラス表面に付着していた煤が消えたら完全にドアを閉めて下さい。以上が、上手な着火法です。

着火について2:着火のコツ
薪ストーブを着火させる時には、いくつかのコツがあるので覚えておくといいでしょう。

はじめて薪ストーブを利用する人は暖房に最低限必要な量の薪を炉内に入れたがらない人が中にはいるようですが、薪はけちらないで最初の一投目は小、中の大きさの薪を多めにして、2投目からは中、大きめの薪を入れてあげることがコツです。

この時に薪同士を密着させ過ぎないのがポイントで、ある程度の隙間を開けてあげることで火の通りが良くなり着火しやすくなります。火の通り道をつくってあげれば、全体に火が早く回るようになります。

着火について3:慣らし焚きとは
新品の薪ストーブにはじめて火を入れる時には、車と同様に必ず慣らし焚きをしなければいけません。特に鋳物の薪ストーブは急激な温度変化を受けると破損してしまうこともあるので、慣らし焚きを行なうことによって、塗装を馴染ませるだけでなく、鋳物を熱に慣れさせ、徐々に伸縮できる機会を与えるためのもので、この慣らし焚きが後々の耐久性を大きく引き伸ばします。

慣らし焚きは最初の3~4回目の使用の際に行い、通常よりも控えめな量の薪を入れればよく、ストーブの表面温度を概ね150~200℃を超えないように給気調整口をこまめに調節して行いましょう。慣らし焚きが終わればあとは通常通りの薪の量を投入して燃やして下さい。

着火について:まとめ
このように、薪ストーブにお金をかけずに上手く火を着けるにはいろいろな手順とコツがあります。慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、やり方を一度マスターすれば着火剤がなくても簡単に着火できるようになります。薪ストーブの燃料にかかるコストの軽減につながるので、ぜひともうまくなりたいところですよね。





| プライベート::薪ストーブ | 04:49 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3604)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 2.186537秒
  • HPアクセス情報
    合計: 1854959
    今日: 2819
    昨日: 3244