<<次の記事 前の記事>>

【スポーツクライミング】施設 【倉吉】【体育文化】会館の裏に【設置】 【全日本】レベルの大会が【開催】されます。



鳥取がスポーツクライミングの先進県にいつの間にかなったのでしょうね。確かに育英高校の体育館の後ろにはこうした壁が設置され 地域の子どもたちを指導する体制が整っています。その子たちが高校へ進学して全国レベルの大会で好成績をあげ 海外遠征までつなげています。

すごい すごい!!

もっともっと 応援したいものです。2020年東京オリンピックでも正式種目になっています。楽しみです。

| 遙かな街 倉吉 | 05:59 PM | comments (x) | trackback (x) |

【よっしゃ】 これで【薪棚】を作るぞ がっつり【材料】を【ゲット】してきました。



これでダイアナ裏薪棚を作っていただきます。足りなければまた材料ゲットしてきます。

ともかく 会員さんに冬の薪の苦労をかけないように しっかり薪をストックします。

そして 必要な時には すっと搬出したいと思います。




| 遙かな街 倉吉::東北支援プロジェクト | 08:20 AM | comments (x) | trackback (x) |

【2018】 【お節友の会】 【最後】の【紹介】は 【デザート】です。



★★★最後にデザート 今回は梅花カン               担当:礒江さん

ゼリーというか 杏仁豆腐のようというか 作っていただいた試作品は子どもたちに大人気でばくばく食べたってことです。どうぞお楽しみあれ。
 
 みなさんにとって2017年はどんな年でしたが そして新たな一年に向けての抱負は。

毎年このお節友の会を主催して 一年に一度という人もありますが 会える喜び 今年も元気な姿を確認できたなってこと 当たり前のようで実はこれが幸せの原点だと思っています。

お節友の会を通じて みなさんの笑顔が広がりますように。

来年もお待ちしています。


| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 05:48 AM | comments (0) | trackback (0) |

【温泉グッズ】 この【竹かご】がまた【いい味】だしているんですよね。



2代目の竹かごです。友子に頼んで道後温泉ご用達のお店から仕入れてもらいました。これをもって温泉行くってことがいい感じなんですよね。次は檜の風呂桶 そして今治製のバスタオルをそろえなくちゃねと思っています。

毎朝の楽しみですから ちょっと贅沢しますかね。




| 遙かな街 倉吉::三朝ふれあいの郷プロジェクト | 04:55 AM | comments (x) | trackback (x) |

【2018】 【お節友の会】 【参の重】 【松風焼き】 ここ何年か【担当】してもらって【安定】した【一品】です。



☆松風焼き                            担当:岩森さん

 これも定番です。まずこのレシピにきまってからケシの実をネットでゲットするところからお節作りがはじまるそうです。さすが慣れたもんですね。毎年同じものを作り続けるとプレッシャーがかかるそうです。去年と同じかぁって感想が。いやいや毎年変わらぬ味をキープすることが一番難しいのに レベルを落とすことなく続けていくってことがおせち料理の大切なところでしょうか。

 年末にお会いした時は 毎年同じものだと今年はちょっとここを替えてみようかなと欲が出るって話しておられましたが どう変わるのでしょうね。それも楽しみの一つになりました。

bicycle 「えーーー 今年も、松風焼き、ですか...。」 毎年 同じものを担当するというのは、【いつもの安定した味】でよいのか、それとも、慣れているからこその「変わり種」を用意するべきか・・・。

しばらく悩んだ末、某料理サイトで「栗入りレシピ」を発見。栗を入れるなら、大好きな「くるみ」はどうだろう?というわけで、試作の結果、ケシの実には栗を、青のりにはクルミを細かく刻んで入れてみました。
 毎年手伝ってくれていた子供たちも、次々バトンタッチされ、今年は5代目 小3の姪っ子が刻み役やら型つくりを手伝ってくれました。(4代目は今年も味見専任でした) 
 
青のりを少々奮発しすぎたのがやや心配ですが、味はやはり「安定した味」になったようです。市松模様にするなど、飾り付けを楽しんでいただけたら、と思います。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 05:01 AM | comments (0) | trackback (0) |

【2018】 【お節友の会】 【参の重】 【煮しめ】 【最高】の【煮物】だと思っています。 Y&F【コンビ】最高です。



★煮しめ                          担当:藤本&河野さん

 今回はペア解消(一時的でしょうけど)して 旅行中の山根さんに代わって初参加の河野さんが担当して下さいます。ベテランの藤本さんとのペアですから何も心配なさることはありません。言われるままに包丁を揮ってください。

一夜にして数メートルにも生長するたけのこ。その勢いのあるたけのこにあやかって、家運の勢いも伸ばそうという縁起物。たけのこの淡泊な味わいと歯触りのよさを生かすように、昆布と鰹節のうま味のあるだしで上品に煮含めています。

 干し椎茸の香りの良さを楽しみ、ふっくら味わい深く煮含めます。お節の参の重に入れられる品々は、子どもの頃はあまりおいしく思われず、大人になるほど楽しめる料理が多いようです。
 手綱こんにゃくは、昔の人は消化の悪いコンニャクを”砂払い”といって、お腹の整調に活用していました。とかく食べ過ぎになりやすいお正月、忘れてはならない一品ですって。
 
 おせちには赤色の金時人参を。新春ふさわしく梅型に抜いて、お重のアクセントに。煮すぎるとせっかくの形が煮くずれるのでご注意を。以前の和風では我が家が担当して、梅の花びらにナイフを入れた覚えが・・・みなさん覚えておられますか?ランキングは4ポイント(身内で投票したかなぁ??)で評価は低かったですけど、満足の一品でした。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 06:13 AM | comments (0) | trackback (0) |

【薪割り】はこれだ 【グレンフォッシュ】の【斧】を振り上げて 思い切り割ります。【最高】の【気分】!



薪割りの原点は斧で割るに限ります。

ポイントさえつかめば これほど快適な薪割りはありません。適度な疲れと割った薪の量を見れば 達成感抜群です。

ただし 一冬の薪を準備するには やはり油圧のエンジン薪割り機のお世話にならないと 果てしない薪割り作業で嫌になってしまいます。


| 遙かな街 倉吉::東北支援プロジェクト | 08:07 PM | comments (x) | trackback (x) |

【2018】 【お節友の会】 【参の重】 【牛肉の八幡巻き】 なかなか【美味し】いね。



☆牛肉の八幡巻                         担当:上田さん

 八幡巻は、煮て下調理したゴボウを軸として、ウナギやドジョウを巻き付けた後に[1]、さらに煮るか、または、タレを付けて焼き上げるかして作る料理である。
ところで、京都近郊の八幡村(現在の京都府八幡市)は、ゴボウの産地として知られていた[1][2]。また、この付近では天然のウナギも獲れたという[2]。八幡の石清水八幡宮では放生会の行事があり、本来殺生を慎むべきその時期に川魚が食べられるように、ゴボウで巻いて隠して食べていたのが始まりとされている[3]。

この料理の名称に付く「八幡」とは、この八幡村のことであり、2016年現在では八幡市の郷土料理として紹介されているが、日本全国で食べることができる[1][3]。
この他、ウナギやドジョウを使った八幡巻だけではなく、近年ではバリエーションの料理として、アナゴや牛肉を使用する八幡巻も存在する[4]。なお八幡巻は、京都市を中心として京都府に加えて、大阪府や滋賀県などでも食されている。おせち料理の1つとして利用される場合もある[4]。

以上 ウィキペディアより引用しました。そうした由来があるのですね・・初めて知りました。いつかはウナギでやってみるかなぁ。

今回はノーマルバージョンで初参加の上田さんに挑戦していただきます。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 06:07 AM | comments (0) | trackback (0) |

【2018】【 お節友の会】 【弐の重】 【鰤の照り焼き】 これは【絶品】の【美味しさ】です。



昨年は尾頭付きの鯛でした。これをふっくら焼き上げていただいておせち料理に花を添えました。今年は海老でしたけどね。
さて 今回はいつもの定番に戻って 照り焼きをお願いしました。

★鰤の照り焼き                          担当:酒井さん



 プロの料理ですから とことん味わってください。寒ブリは最高に脂がのって美味しい一品です。

mailto 切り身を丸一日タレに漬け込み 今朝焼き上げました。どうぞ召し上がれ  とは 網干やさんのお言葉。いただきます。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 08:14 AM | comments (0) | trackback (0) |

【2018】 【お節友の会】 【弐の重】 【錦卵】 【色鮮や】かで【美味しい】



maple               担当:杉村さん

 昨年に引き続きの挑戦です。
黄身と白身の2色のコントラストが綺麗な錦玉子。2色の色が金と銀に例えられ、縁起物としておせち料理に用いられます。本来は壱の重に入るものですが 卵料理は弐の重に配置しています。

scorpius 2度目の挑戦です。なかなか思ったようにいかなくて 砂糖と塩の分量に悩んでいます。今年は少しでも母の味に近づけたらいいなぁ・・・と思っています。

 思い出の料理なのですね。先回紹介した 長いもの昆布巻も実家のお母さんの味を求めての料理だったそうです。歳をとると昔の味の記憶が懐かしいのですよね。来年はもっと近づくと思いますよ。

| 遙かな街 倉吉::お節友の会 | 06:43 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3465)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 2.046262秒
  • HPアクセス情報
    合計: 1531540
    今日: 968
    昨日: 2332