<<次の記事 前の記事>>

【夏輝】 【美味しい】!【鳥取】の【ブランド】 【牡蠣】です。



《夏の風物詩、鳥取県産岩ガキ『夏輝』》
 
 鳥取県の夏の味覚天然岩ガキが旬を迎えました。ミネラルやビタミン類が豊富で、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高く、夏バテ防止にうってつけです。
 岩ガキは鳥取県をはじめ日本海の数ヶ所でしか獲れない貴重な海産物です。特徴は、岩のような風貌の大きな殻と濃厚な風味です。口当たりは滑らかで、特に産卵前の7月から8月中旬が最もおいしい季節です。
 鳥取県では、平成19年において、6月から8月中旬までに約160トンの生産を見込んでいます。

《おいしい食べ方》

 一般的な食べ方は、冬に食べる「真ガキ」と同じで三杯酢で和える酢ガキ、殻ごと軽く焼く焼きガキ、カキフライ、カキ飯などの料理方法がありますが、鳥取県ではレモン汁を落とし、生でまるごと豪快に口にほうばるのが基本で、濃厚で独特の風味があり、これが一番おいしい食べ方として定着しています。

《ブランド化の取組み》

  鳥取県の漁協では、平成17年より岩ガキのブランド化に取り組んでおり、県内で採取された”天然岩ガキ”に『夏輝』(なつき)というブランド名をつけて販売しています。また、その中でも下殻が平らで全体的に外観が平べったい”ヒラガキ”で、殻長が13cm以上ある高品質のものに、ブランドラベルをつける取り組みを行っています。このラベル付き岩ガキは、水揚げされるカキの内、わずか1割程度しかなく希少価値が高く、夏輝ブランドの主役といえます。
  その名のとおり、鳥取の夏の海のように輝きを放つ、夏の特産品としてブランド化を推進しています。
  平成19年6月1日は、鳥取県の水産物としては初となる、商標を登録しました。






| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 03:28 AM | comments (x) | trackback (x) |

【修学旅行】【民泊】【体験】 【寄せ植え】も面白いぞ





観賞期間の目安

寄せ植えの観賞期間は、2~3か月程度です。長期間楽しめる寄せ植えを作ることもできますが、長く楽しむことを求めすぎると、使用できる植物が限られます。開花期の短い植物を使用すると、観賞期間が1か月程度ということもありますが、その季節ならではの花や色を楽しむのも、寄せ植えの魅力です。

管理のコツ、基本的な作業

●肥料:植えつけから10日~2週間して根づきはじめたら、追肥をスタートします。1~2か月に1回、固形の緩効性化成肥料を置肥するか、次々に花が咲く植物は7日~10日に1回の液体肥料が効果的です。
●水やり:寄せ植えは一つの器に複数の植物を植えるので、水やりは過湿に注意して乾かし気味に管理しましょう。
●切り戻し、花がら摘み:春から夏にかけては、茎や枝が伸びすぎたら、バランスを見ながら切り戻します。元気な葉のついた節を数節残しておけば、また茎や枝を伸ばします。花がら摘みや枯葉取りも忘れずに行い、寄せ植えを美しく保ちましょう。

一年草と多年草は一緒に植えられる?

期間の設定さえしっかり決めておけば、寄せ植えでの扱いは、多年草も一年草も、そして樹木(木本)も同じです。
状態がよければ、そのまま一年草だけを新しい季節のものに植え替えて、新しい寄せ植えとして楽しむこともできます。




| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 04:56 AM | comments (x) | trackback (x) |

【ちまき作り】 【修学旅行】【民泊体験】の【一環】として



歴史
承平年間(931年 - 938年)に編纂された『倭名類聚鈔』には「和名知萬木」という名で項目があり、もち米を植物の葉で包み、これを灰汁で煮込むという製法が記載されている。元々は灰汁の持つ殺菌力や防腐性を用いた保存食であった。その後、各地で改良や簡略化が行われ、京では餅の中に餡を包み込んだり、餅を葛餅に替えるなど独自の物も出来て来た。現在は柏餅と並ぶ端午の節句の供物として用いられる。

『伊勢物語』(五十二段)、「人のもとより飾り粽 おこせたりける返事に、菖蒲(しょうぶ)刈り 君は沼にぞまどひける 我は野に出でてかるぞ わびしき」とあり、昔は菖蒲の葉も用いたようである。

種類
日本では、包むのに使う葉はチガヤ、笹、竹の皮、ワラなど様様である。

江戸時代、1697年(元禄10年)に刊行された本草書『本朝食鑑』には4種類のちまきが紹介されている。

蒸らした米をつき、餅にしてマコモの葉で包んでイグサで縛り、湯で煮たもの。クチナシの汁で餅を染める場合もある。
うるち米の団子を笹の葉で包んだもの。御所粽(ごしょちまき)、内裏粽(だいりちまき)とも呼ぶ。
もち米の餅をワラで包んだ餡粽(あんちまき)。
サザンカの根を焼いて作った灰汁でもち米を湿らせ、これを原料に餅を作りワラで包んだ物。朝比奈粽(あさひなちまき)と呼ばれ、駿河国朝比奈の名物というが、これはもう作られていない。
このうち、1は新潟県の「三角ちまき」など現在でもよく作られるちまきである。うるち米の粉で餅を作った後、これをササの葉やマコモの葉で包む。これを茹でるか蒸籠で蒸らして作る。そのままか、もしくは4に準じた食べ方をしている。

2は現在の和菓子屋で作られる和菓子のちまきの原型であり、現在の餅の原料は葛に代わっている。端午の節句に作る店が多い。

3の飴粽(糖粽とも書く)は、餅が飴色になっているため、この名があるという。詳細は糖粽売の項目を参照。

4は、灰汁(あく)による保存と品質維持を期待した保存食の一種。きな粉や砂糖を混ぜた醤油で食べる。

このほか、新潟県で笹団子と呼ばれる、笹で包んで両端をワラで結んだ形状のものも茨城県常陸太田市ではちまきと呼び、名物となっている。また、ちまきとは呼ばず端午の節句とも無関係であるが、月桃の葉で包んだムーチーと呼ばれる類似の菓子が沖縄にある。




| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 05:27 AM | comments (x) | trackback (x) |

【のんびり】【読書タイム】 お気に入りの【場所】 【かぼちゃスープ】と【パン】で



温泉のあと時間があれば ここに立ち寄ります。焼き立てのパンとコーヒーで読書タイムです。







| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 05:07 AM | comments (x) | trackback (x) |

【紙媒体】からこうした【電子書籍】へ少しづつですが確実に移行しています。



古いアルバムといってもパソコンの中ですが 整理しているとふとこんな写真も見つけました。まったく覚えがないなぁ・・・でも前後の残された文書などを読むと おぼろげながら思い出す・・って感じです。

赤崎の船上山へ列車とバスでキャンプに行ったみたい。

いい経験させてもらっているなぁ。

| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 01:54 PM | comments (0) | trackback (0) |

【園庭の木】 ばっさりと【伐採】されてしまいました。【寂しさ】が募ります。



この木が伐採されて

ふと 芭蕉の句を思い出しました。夏草や兵どもが夢の跡(なつくさや つわものどもが ゆめのあと)

『今見れば、このあたりは夏草が生い茂っているだけだが、昔は藤原氏たちが、その繁栄や栄華を夢にみた場所なんだなあ。でも、自然の営みの中では、そんな繁栄や栄華も、むなしく一時の夢になってしまい、今はだた夏草が無心に茂るばかり。』

◼️◼️◼️ 入江悟司◼️◼️◼️


| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 02:38 PM | comments (x) | trackback (x) |

【ハノイの塔】 いろいろ考えて【移動】させていきます。



週一度の米子の日には いろいろなお店を見て回っています。小童たちが食いつきそうなグッズを探して 探して・・・ふふふ。今回は知的ゲームです。

冬休みには ミニオンの1000ピースパズルを楽しみました。

次は何にしようかなと楽しみです。



| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 08:48 AM | comments (x) | trackback (x) |

【新しい】お店を【開拓】 【葵屋】ですって 【賀茂神社】のすぐそばにあります。



市役所に所得証明を取りに行ったときに見つけました。さっそく行ってみてランチをいただきました。しばらくは通ってみようと思います。

評価はそれからかなぁ。


また倉吉に、嬉しい🆕スポット誕生です✨

東京から夫婦でU&Iターン!

「くらよし空き家バンク」の和風住宅が、イタリアンkitchen &caféに変身!✨「葵屋」さんです㊗️

その名の通り、倉吉市役所のある葵町、賀茂神社のお隣です⭐️

2月5日(月)オープン㊗️しばらくはモーニング〜ランチ〜ディナーまでされるそうです🍴

「ここは本当に倉吉なのか?!」という言葉が飛び交ったステキな空間💓

美味しいお料理にはご夫婦の人柄があらわれておりました…😋💓

Facebook  そうだ!倉吉で暮らそう より





| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 06:03 AM | comments (x) | trackback (x) |

【最高】に【美味しい】【お蕎麦】 ご【近所】にある【渋や】です。 【個人的】には【神田】の【藪蕎麦】より美味しいと思っています。




なかなか 東京神田 やぶ蕎麦と 鳥取倉吉 渋や を比べる人はなかなかいないと思います。
でも 美味しいし素敵なトッピングは絶対ここ 渋やに軍配があがります。

我が家の4人の子も お正月に帰ってきて 最初の言葉は

「渋やの蕎麦 年越しそばとして準備してあるか?」ですもの。

月に一度は食べに行きます。それくらい好きです。




| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 06:17 AM | comments (x) | trackback (x) |

ぽっかり【異国空間】 【サルタンモスク】 【迷い込んだ】感じです。



最寄り駅 ブギスから歩いてすこし・・・ええ? ここはどこって感じでした。街の空気そのものが違うような・・。
うんちくをどうぞ。

アラブストリート(カンポン・グラム地区)は、日本人にとっても、とてもエキゾチックなエリアです。シンガポール最大のイスラム寺院サルタンモスクを中心としたこのエリアは、19世紀初頭にマレー人やイスラム教徒、アラブ系民族が暮らす地区として公式に割り当てられたといいます。

マスカットストリートに位置するサルタンモスクは、眩いほどに輝く金色のドームがとても印象的。創建は1824年で、当時のシンガポール君主サルタン・フセイン・シャーが東インド会社の寄付金を元に建立しました。その後、100周年記念を迎えた後、改築されたそうです。壮麗なモスクは約5000人を収容できる広さを誇ります。観光客でも見学は可能ですが、異教徒は礼拝室への立ち入りが禁止されています。

サルタンモスク(Sultan Mosque)
住所:3 Muscat Street, Singapore 198833
URL(英語):http://sultanmosque.sg/



| プライベート::上灘ご近所倶楽部 | 05:10 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑

CALENDAR


Information1


Information2


Information3

PROFILE
〒682-0811
鳥取県倉吉市上灘町161
悟空ワールド
090-1335-9919
お問い合わせはこちら
gokuu(3652)
浦川澪奈(2)

Twitter



LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS


保留中コメント:18件

RECENT TRACKBACK


保留中トラックバック:0件

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 2.655082秒
  • HPアクセス情報
    合計: 1999750
    今日: 1054
    昨日: 2224